収入がない専業主婦でもお金がない時はある

収入がない専業主婦でも、人付き合いやローンの支払いなどでお金がないという状況に陥ってしまうときがあると思います。
そんなときは銀行や消費者金融でキャッシングを行いたいところですが、しかしここにはある問題があります。
それは、「借り入れには収入源を持っていることが必要」だということ。
確かにお金を貸し出せる人の条件として、どこの銀行も会社も「安定した収入がある方」をあげています。
それでは、専業主婦はお金を借りることはできないのでしょうか?


専業主婦の「お金がない」というピンチには銀行とレディースキャッシングが便利

結論から言えば、専業主婦でもお金を借りることはできます。
自身は働いていなくても、配偶者に安定した収入があれば、銀行や女性専用のローンを扱っている会社で借り入れを行うことができるのです。
銀行ならば本人名義で借り入れの手続きを行い、女性専用のローンならば配偶者貸付という形で行います。
両者の違いとしては、前者なら配偶者の同意なしにキャッシングができるという点が上げられます。
あまり知られたくないという方は、こちらを利用するといいかもしれませんね。
また、金利や利用限度額も異なってくるので、借り入れ先を選ぶときには良くチェックしてみてくださいね。


消費者金融での借り入れはできない

しかし、2010年に改定された賃金業法により、専業主婦は消費者金融でお金を借りることができなくなってしまいました。
消費者金融は総量規制の対象になり、年収が0円の専業主婦は理論的に借り入れができなくなるからです。
申し込みの地点でお断りされる可能性が大きくなるので、ここで借り入れを行うのはあきらめましょう。
お金がないときだと慎重に借り入れ先を選ぶ心の余裕なんてないかもしれませんが、このようなところには十分気をつけてくださいね。

初めて「お金がない」という事態になった時、どこで借りるのがいいか?

車を買ったら、生活に必要なお金が一気になくなってしまった。
お金がないと人は生きていませんから、そんなときは何とか工面しないといけません。
キャッシングはそんな人にこそ使って欲しいものですが、今まで借りたことがないという人はまずどこで行ったらいいのかがわからないと思います。
銀行でも消費者金融でも行えますから、逆に困ってしまいますよね。
では、どこで借り入れを行ったらいいのでしょうか?


初めての「お金がない」には消費者金融がおすすめ

最初の借り入れは不安なことばかりですよね。
審査に通ることができるのか、きちんと返済していけるのか、借金地獄にならないか・・・など、ネガティブなイメージばかりが頭に浮かんできてしまいます。
そんな方におすすめなのが、消費者金融の無利息キャンペーンを利用したキャッシングです。
このキャンペーンはその会社で初めて借り入れを行うという人のみが利用できるもので、だいたいのところは借り入れから30日以内に返済を行えば利息を払わなくて済むというシステムをとっています。
初心者にとっては利息がいくらになるかというところが一番心配なところだと思うので、ここを気にせずに借りられるのはかなりお得ですし安心できますよ。
お金がない! とピンチになっている方も、ぜひ利用してみてくださいね。


無利息にしたいならノーローンという手もある

また、新生銀行のグループが運営しているノーローンも便利です。
これは1週間で返済をしなければならないのですが、きちんと返せれば翌月の借り入れの際も無利息になるのでかなり便利ですよ。
お金がないから利息を払いたくない! という方は、消費者金融のキャンペーンやノーローンをうまく利用していきましょう。